顎関節症・口腔外科

  • TOP
  • 顎関節症・口腔外科

顎関節症

あごの関節の不具合をともなう病気を総称して、「顎関節症」といいます。主な症状としては以下が挙げられます。ひとつでもあてはまるようなら、あなたも顎関節症かもしれません……?

症状チェックシート

症状チェックシート

顎関節症の治療-マウスピースとお薬-

透明なマウスピースを使った治療です。取り外しが利くため、清掃性が高く清潔に使えるのが特長です。目立ちにくいので、多くの患者さまから選ばれています。痛みの強い患者さんに関してはお薬を使用します。

口腔外科

口腔外科では、主に口腔内の外科的処置を行います。代表的なものは、上述の顎関節症のほか、親知らずの治療や口内炎の治療、メスを用いて腫瘍(できもの)を切開する治療などが挙げられます。以下では、一例として「親知らずの治療」をご紹介します。

親知らずの治療

親知らずがまっすぐ生えてこなかった場合には、治療が必要になることがあります。その際には部分麻酔をして、専門器具で歯周組織の切開をします。
※抜歯の場合、メスを使用しないケースがあります。

もし親知らずをほうっておいたら……?

痛みや腫れを起こす

親知らずがナナメや横に生えた場合、歯と歯ぐきの間にすき間ができることがあります。そこから食べかすなどが溜まりやすくなり、痛みや腫れが起きます。

むし歯になりやすい

歯と歯ぐきの間にプラークが溜まりやすくなり、むし歯リスクが高まります。

噛み合わせが乱れる

親知らずの生え方によっては、噛み合わせが乱れてしまうことがあります。
例)スペースがない方向へ生えた場合 など