一般歯科・小児歯科

  • TOP
  • 一般歯科・小児歯科

一般歯科

M.I.に基づいた虫歯治療

M.I.に基づいた虫歯治療


M.I.(ミニマルインターベンション)とはMinimal Interventionの略で、むし歯の治療を、最新の器具や材料、技術を使って、歯の削る量を最小限に抑え、結果、歯の寿命を延ばす治療法です。
2000年に国際歯科連盟によって提唱され、世界の歯科治療のスタンダードになりつつある概念です。

M.I.に基づいた虫歯治療

当院では、この考えた方に基づいて、非常に小さな切削器具と拡大鏡(2.5倍)を使って、虫歯をピンポイントで、削って、さらに、場合によっては、神経を保護する薬を積極的に併用し、可能な限り歯と神経を残すように努めております。

小児歯科

小児歯科のテーマは、お子様のレベルにあった治療から!

小児歯科

お子さまのための歯科

―小児歯科では、お子様の歯科治療に対する理解の幅があるのが特徴で、そのレベルに応じた無理のない対処・治療が大事だと考えています。

診療内容①

まず、はじめてのお子様では、どのレベルの治療まで我慢できるか確認します。もし、ちいさなお子様で、お口が開けられない・器具が怖くて使えない場合は、無理に治療をせずに、「歯医者さんになれる治療」となります。無理な治療で、怖い印象を与えてしまうと、かえって今後の治療が難しくなるケースが多いからです。

診療内容②

「お口が開けられる」→「器具が入れられる」→「お水を出す、吸える」→「削る音も少しは我慢ができる!」
ここまで可能な場合、むし歯の治療が可能になります。

診療内容③

「歯医者さんに慣れる治療」として、「ぬいぐるみといっしょに歯磨き」「お子自身もしくは、お母さんと一緒にのはみがき」、「器具による清掃、歯石除去」、「シーラント処置」、「フッ素塗布」などがあり、可能な範囲で行っていきます。

診療内容④

虫歯の治療(保険)は、ほとんど白い詰め物でやっています。お子様でも、白い歯をご要望するお母さんが多いこともあります。